「好事家」達のクルマ選びは「心ときめき」また「悩ましい」モノでもある。1983年創業のモーターライフシステムズは、「あの頃・・」街には個性的なHONDA車達が得意の「運動性能」を活かし、随分元気いっぱい走り回っていた様に記憶している。それら80年代のホンダ達の当時の様子を見ていた私達の現場記録は今も「分厚いボリューム」で現在も当時の車両「対策診断基準」としてフル活用している。
 
それはともかく、クルマ選びの基準。それはそのタイミングや生活環境にも少なからず影響を受けている。これはただの憶測ではあるが、コノ美しいご当地プレートから一歩推理を進めれば、フォーシーズン「思うがまま」自在に走り抜ける。そう、つまりこの地で「どっぷりHONDAに浸かる」
 
為、その「最良の手段」はAWDのコレだったのだ。「見果てぬ夢」、HONDAフリークが巡らせる妄想はメーカーの開発者が抱くソレとは何時もマッチする訳では無い。モーターライフの門を叩く「そ・れ・ら」オーナードライバー達は下手をするとホンダ側プロジェクトスタッフ達より遥かに「
 
HONDA歴」が長い場合も少なくない。つまり、メーカー、ホンダ側が「子」でユーザー側が「親」と言っても良い程の長い「ホンダ生活キャリア」なのだ。そして当ヴェゼルオーナードライバーと私達モーターライフの関りも決して「短くない・・」。更にアノ前CR-Vについてはご存じのご同胞達も少なく
 
ないのである。ソレが気になる方はサイト内で是非見つけて欲しい、心当たりがある筈だ。その後のソノ車両「近況」は不定期mailで「トピックス」として報告されていたのだ。で、ヴェゼル話を聞いた時は「ナルホド」、更にコンフォートチューニングプランが届いたタイミングでは遥か昔、そのオーナードライバーとCR-Vに出会った頃を振り返り、私達が「デジャブ」に襲われても無理は無かった。
 
走行距離が驚くほど「伸びて」いなくても、使用期限がまだまだ「真新しい」ソレでも、病が進んでいる同胞達は、「オリジナリティー」確保に躍起だ。どんなにエンジンとモーターが「手を組んで」走行条件を最適に導いても、オーナードライバーがイメージする「フィール」はその先にあるのだ。
以降、次回・・⇒
   アレ、コレ、「相談/打ち合わせ」ダイヤルは
水/金/日曜日 午後1時~4時頃めどで 
Tel06-6446-1025(又は⇒)Tel090-3719-8958
(祝/祭日は除きます)
目次へ