「好事家」達のクルマ選びは「心ときめき」また「悩ましい」モノでもある。1983年創業のモーターライフシステムズは、「あの頃・・」街には個性的なHONDA車達が得意の「運動性能」を活かし、随分元気いっぱい走り回っていた様に記憶している。それら80年代のホンダ達の当時の様子を見ていた私達の現場記録は今も「分厚いボリューム」で現在も当時の車両「対策診断基準」としてフル活用している。
 
それはともかく、クルマ選びの基準。それはそのタイミングや生活環境にも少なからず影響を受けている。これはただの憶測ではあるが、コノ美しいご当地プレートから一歩推理を進めれば、フォーシーズン「思うがまま」自在に走り抜ける。そう、つまりこの地で「どっぷりHONDAに浸かる」
 
為、その「最良の手段」はAWDのコレだったのだ。「見果てぬ夢」、HONDAフリークが巡らせる妄想はメーカーの開発者が抱くソレとは何時もマッチする訳では無い。モーターライフの門を叩く「そ・れ・ら」オーナードライバー達は下手をするとホンダ側プロジェクトスタッフ達より遥かに「
 
HONDA歴」が長い場合も少なくない。つまり、メーカー、ホンダ側が「子」でユーザー側が「親」と言っても良い程の長い「ホンダ生活キャリア」なのだ。そして当ヴェゼルオーナードライバーと私達モーターライフの関りも決して「短くない・・」。更にアノ前CR-Vについてはご存じのご同胞達も少なく
 
ないのである。ソレが気になる方はサイト内で是非見つけて欲しい、心当たりがある筈だ。その後のソノ車両「近況」は不定期mailで「トピックス」として報告されていたのだ。で、ヴェゼル話を聞いた時は「ナルホド」、更にコンフォートチューニングプランが届いたタイミングでは遥か昔、そのオーナードライバーとCR-Vに出会った頃を振り返り、私達が「デジャブ」に襲われても無理は無かった。
 
走行距離が驚くほど「伸びて」いなくても、使用期限がまだまだ「真新しい」ソレでも、病が進んでいる同胞達は、「オリジナリティー」確保に躍起だ。どんなにエンジンとモーターが「手を組んで」走行条件を最適に導いても、オーナードライバーがイメージする「フィール」はその先にあるのだ。
 
ヴェゼルハイブリッドAWD。フォト:真新しいままの・・純正サスペンションシステム。そう、お判りのとうり、「汚れ」1つ無いソレである。「もう良いだろう・・」と、ため息が出る程使い古したサスシステムを「まだまだ大丈夫!」と無神経に使い続けるオーナーも居れば、ご覧のコンディションでもためらわず、オリジナルサスシステムをサッサと製作、「狙い好みに仕上げる」フリークも居る。
 
同様、ブレーキシステム。計画は、同車両だけ「専用」に『個体専用製作』だ。そう、ヴェゼル専用KITを製品化して事前に準備/ストックしてあるソレでは無く、毎回、ZEROからこの車両用だけに単独、特別製作するのだ。それは「驚く」事ではない、どの車両にもその様に1台、1台、個別状況を細密に調べ上げ仕上げて行くのが私達の「やり方」だ。
 
ダンパー取り付け箇所を「確認」。オリジナルサスシステム製作では、専用ダンパーも「特別製作」、まずは試作から製作を開始、順次、『専用開発』作業を入念に進める準備である。フロント側、リア共に、スペース、強度、周りのクリアランス、丁寧に記録を取りながら慌てずに、なのだ。
 
車両を「知る・・」。だからこんな場所も「覗き見」する。モーターライフシステムズが1台、1台、取り組むプランはどれも「個別で独自」のモノ、そんな事から、物作りに係るには、個体を理解する必要があるのだ。そう、まず「研究」だ、それらの仕組みを知り、「方法」と「対策」を練るのである。
 
「純正サスシステム」のソレ、だ。ココを「個別/専用/製作」に置き換える。勿論、『特製品』、勿論、車高だって純正のソレ。そう、OTONAである、勿論、DOWN仕様などではない。何故ならば、「その辺は・・」もう、卒業済みだ。結論は「さりげなく・・」俊足に駆け巡れる乗り物を「目指す」、なのだ。
 
量産、純正サスをキッパリ「取り外す」。
もう、「我慢出来なくなりました・・」。そんな表現を同様にするフリーク達がモーターライフの門を叩くのである。どう言う事?・・。って私達も最初は受け取っていたのですが、『我慢出来ないらしい・・』のです。つまり、これらのリアルな現場作業リポートを熟読するにつれ、その人達の内に眠っていた「ソレラ」がどうやらグッ、グッ、っと目を覚ますらしいのだ。
 
細やかな「作戦」は何時も織り込み済み。
初めて受けた電話でも、「充分電波」が送信されてくる。夢溢れる興味深い内容に私達が「引き込まれる」。所有のHONDAを肴に、心置きなくモーターライフを巻き込み『遊び尽くそう』が狙いだ。だから充分な余裕と、充分な時間で「見違える」ソレにする。好きな同朋達は懐が深いのだ・・。
 
個人の描く拘りを追い求め贅沢/製作。
「コンフォート」な乗り味は本当に『OTONA』の目指す本物であるのか。そんな議論はさて置き、説明がなければ「普通のヴェゼルハイブリッドAWD」。話を聞けば、ホッホーそう言う事ですか、と、正に皆にも解らなくて結構、マニアックな方たちにも知って貰わなくても問題ナシ。などと、個人の自己満足を徹底追求したソレなのだ。
 
我慢する事無く、趣味のHONDA生活を味わう。モーターライフシステムズは特別な集団だ。住まいが何処であっても、その気になればOSAKAはスグソコ。愛用のホンダをその方向に向ければ、ドライヴィングはスムーズそのもの。ただ忘れてならないのは「スケジュール」確認だ。そう、何時でも入庫OKと言う訳には行かない。結構順番を待っているフリーク達がいる事を知っておきたい。
以降、次回・・⇒
   アレ、コレ、「相談/打ち合わせ」ダイヤルは
水/金/日曜日 午後1時~4時頃めどで 
Tel06-6446-1025(又は⇒)Tel090-3719-8958
(祝/祭日は除きます)
目次へ