とりわけ私達の世代は赤い色をした「R」文字や、数字の前にアルファベットの「S」が付くとやや興奮気味になってしまったり、何故か、これは「他とは」随分違うんだと言った変!な「特別感」や「高揚感」をふっと抱いてしまうのはどうやら「思い違い」や「考え過ぎ・・」だったのだろうか・・。
 
そんな事はともかく・・、「初代S」と比べて「優秀」さはどうなんだろう。そう妄想してしまうのは私達だけだったんだろうか。もう既に多くのオーナー達が考察を巡らせただろう。そんな馬鹿げた事は今「ヤメテ、オコウ、」初代S達と比較対象をするには、もう「時間が随分」経ち過ぎたのだった。
 
子供の頃、街で見かける二人乗りの外国製(英国製が多かった)スポーツカー達は「小さかった」様に記憶している。アレッ!、っと、そのサイズ感に驚いたモノだった。大きいオトナがオープンボディーのソレで休日の国道を「耳に残る」サウンドを残して駆けていった。偶然、駐車場などで「そ
 
れら・・」を発見し、目を凝らして、何時までも時間の経つのを忘れ「覗き込んで」いたのだった。その頃からも随分時間も経過したが、ツーシーターTypeのスポーツカーは今も「巨大なpower」や、「細新技術フル搭載」のソレら達は「身の丈に合わず」残念ながら私達には全く「馴染まない」。そ
 
れは二人乗りスポーツカーは今でもこんな「感覚」で走らせたいからなのだ。そう、「一体感」。目前のタイトコーナー直前、ギリギリまでブレーキングを遅らせ、リズミカルにシフトを「落す」、ここで古風なヒール&トゥなどを繰り出すかどうかは貴殿の都合に任せ、フットブレーキに集中、体重を
 
グット「載せる」。そして、ここからが肝心だ、まるで「巨人に首根っこを摘ままれた」程の超強力ストッピングパワーが瞬時に炸裂したのでは、もう「楽しみが半減」だ・・・、「お判り?」だろうか。求めているのは「自分で操れる、程・・ほどの操作性」。現在の巨大で超能力的「万能操作性」を持
 
ち合わせた「世界のスーパースポーツ」は私達の肌合いにはどうしても「シックリ」シナイのだ!。そう、つまり「自分が持ち合わせている運転能力」だけで『操りたい』。それがスポーツドライヴィングの「方程式」には俄かに届かないレヴェルであったとしても、現在、持ち合わせる「操作技術」
 
フロント:純正ブレーキでのショット。 
の範囲で「存分に感覚を磨きたい」のだ。少し「調べて」みれば・・、「グランド・ジェネレーション(G.G)」とは、小山薫堂が提唱するシニアに代わる世代の考え方。“グランド”は最上級を意味し、人生の中でも最上の世代と捉え、若々しく年齢を重ね、ゆたかな知識と経験をもちながら人生を
 
リア:純正ブレーキでのショット。  
様々なスタイルで楽しまれている時代の年長者を、敬意をもって表している。「高齢化社会の到来を憂うばかりではなく、その世代の消費を促すアイデアがこの国には必要だと思う」と小山。この考え方に賛同した複数企業がG.Gの取り組みを進めている。・・と、「紹介」されてある。・・その
 
より、「高機能」を求め、純製仕様のブレーキパッドは「潔く・・」取り外す。 
話はそれで・・「ともかく・・」、ホンダ車「愛好家生活」を一時も途絶える事無く、永年に亘ると(実践し続けると)、20代の頃の「パワーUP」チューニング『魂』没頭時期や、30代の頃、その、持てるポテンシャルを試すサーキットラン熱中時代、その先もクルマもドライバーも共に「試す事」で
 
 左/取り外した純製品    右/オリジナル専用製作MLSブレーキパッド
「噂」や「言い伝え」などでない、『経験』として年齢の変化と共に少なからず「学習」「成長」するものだ。軽量、コンパクトスポーツは最も「コントロール性」が大切で重要だ。ややもすると、この種の2シーターをも、パワーUP優先と先走るご同輩も多々あろうかとは思われるが、そこは伊達でなく、長きにわたり学習機能を働かせHONDA車「同居生活」を繰り返してきた身分・・・・
以降、次回・・⇒
  アレ、コレ、「相談/打ち合わせ」ダイヤルは
水/金/日曜日 午後1時~4時頃めどで 
Tel06-6446-1025(又は⇒)Tel090-3719-8958
(祝/祭日は除きます)
目次へ