着座位置が「高く無く・・」、充分な「動力性能」があり、アップダウンが連続する場所でも「自在に操れ」、家族全員「ゆとりを持って」ストレス無く過ごせるパッケージ。加えて駐車環境に「高さ制限」があるとすれば、さて、他にどんなライバル車両を積極推薦できるのだろうか・・。
 
とりわけ後部「スライドドアー」へと転落変換される以前のつまり「ヒンジドアー」仕様は格別に貴重だ。何時も、販売重視目的の生産メーカーと、ドライブフィール重視目線のドライバーは立場が異なる。仕方のない事だが、オーナードライバーの確かな「見極め」は後々まで重要項目である。
以降、次回・・⇒
   アレ、コレ、「相談/打ち合わせ」ダイヤルは
水/金/日曜日 午後1時~4時頃めどで 
Tel06-6446-1025(又は⇒)Tel090-3719-8958
(祝/祭日は除きます) 
目次へ