そう、あの頃のシヴィックが「愛車」になった。だが、どうも「機嫌よく」走ってくれない・・。何だろう、折角、手に入れた車両が「言う事を効かない」。生産を終了して長い時間を経過している『ソレラ』では「仕方のない事」。むしろ、思いどうり「日常使用」が自在にできてしまうのが「特別」なのだ。 
 
あの頃のクルマを所有して改めて「気付く現実」である。ヴィンテージ車両を売買する業者達も、その車両が現役で街中を走っていた頃を実際「知らない」場合も数多く有る。ましてや、その当時の対象車両の特徴やメカニズムを知り尽くしては「全くいない」だろう。到底無理な願いなのだ。 
 
最新のHONDAには何時も「心ときめき」、「興味津々」だ。それは私達だけでは無い、新しいメカニズムで構築された新しいホンダ達に「不便」や「不満」は目立って無い。そのスペックを決定、ディーラーにオーダーすれば、納車を指折り数え「待てば」特別なドラマや出来事も起こらず、やが
 
てソレはガレージにやって来る。実に「平和な日常だ」。・・だが、そんな「当たり前」のスタイルでは「心が落ち着かない」人達もいる様だ。とりわけ、HONDA愛好家でなくとも、結果的に個性が明確なホンダ車は新旧問わず、他のクルマを好む人達(オーナー)と今まで私達が出会ってきた人々は明らかに「異なる」と断言できる。 
 
「問題のエンジン」は希薄燃焼CVCC。その当時は様々なメディアで取り上げられた。私達自身も自らの「足車」に愛用し、原動機の個性ある特徴は「今も忘れない」、コレに、現代車の気の利いた1.5リッターエンジンを「持ってくれば」自由度は大きく広がる。しかし、ここでは「そんなルール違反」は論外、棚上げだ。 
 
「あの頃・・」のHONDAを現代で普通にガン、ガン、「日常使用」する。そう、ソコなのである、年間数度しかない「旧車イベント」にワザワザ持ち出し、「乗っているんですョ」とばかりに自慢を重ねても、実際は日常使いの「足グルマ」そう、現代車を普通に活用している人々は「ほとんどだ・・
 
」。別に乗り方にルールが有るわけではなく、何かに違反している事では無い。「人が見ていなければ・・」便利に現代車で全ての用を足せば良い事だ。だが、しかし・・・ちょっと待って欲しい、説明しておかなければ判らないが、私達、モーターライフシステムズの門を叩く同朋達は「それでは
 
気が済まない」。やはり、「さりげなく日常/普通に実用使用』を実行しないと難度が低く・・「面白くない」。貴殿ならこのあたり・・、お判りになるのでは・・、そう、「クルマ好き」にも様々「幅があり」、「種類」も異なるのだ。見栄や自慢だけに「懐かしいHONDA」を所有するのでなく、味わい、感じ
 
、チョットした苦労も「楽しみ尽くす」、その道を進めれば『逞しいオーナードライバー』なのだ。「あの頃のHONDA」が日常使用で不自由を感じると、アァ~やっぱりね、っと感じてしまう。原因は何なのか・・、それらを根気良く探し、見つけてくれる「知識」を持つエンジニアは居るのか、更に、
 
メーカーに部品ストックは無い事から、どんな方法でコンディション回復に取り組むのか、オーナードライバー達の興味と不安は少なくない。何時の場合でもそうだが、その不調の原因究明は「口で言う程簡単ではない・・」。興奮気味にコミュニケーションするオーナードライバーの報告は、
 
それが緊急の場合でも100%信用してはいけない。勿論、名誉の為に言っておくと、オーナードライバー達は嘘の証言をする。っと、言っている訳では無い。誰もそうだが、難題が多発すれば、少なからず「思い違いや」「勘違い」、「言葉の言い回し違い」は普通に発生するのだ。
 
更に、私達にも大きな問題が有る。そう、使い回しの良い便利な『魔法の杖!』を持ち合わせていない事だ。永年、HONDA車に向かい合った「分厚い過去実例」は他に比較にならない程持ち合わせているが、目前の症状から原因を見つけ、解決策を見出す手段を探る事が重要なのだ。
 
あの頃のHONDAをこよなく愛するフリーク達から、現在直面している「問題箇所」つまり、改善/改良部位に、事細かく症状解説があり、締めくくりは、その問題点は結果治るのか、その処置にどれ位の期間と費用が必要か、質問がある。当然、それは、そのとうりなのだが、現場は現車
 
を前に調べなければスタートは出来ない、加えて、まるで科捜研の細密な捜査の如く、1つ、1つ、時間を惜しまず、分解/調査を行い、あらゆる可能性を探り当てる「根気良い手順」が必ずいるのだ。燃料系に問題はあるのは間違い無い、車両受取時からも、継続走行が困難な状態。初回移
 
動時も「CVCC専任」、加えて、「キャブ精通」のメカを指名出動させたのだ。こんな采配が普通に可能なのも、私達モーターライフ「ユニーク人事」の大きな「特徴」である。車両移動現場では継続的にエンジンが回り続けるのが少々「不安定」。積載車の出動までは至らない、「微妙で半端」な
 
事態なのだ。ここは「キャブマイスター」に一任、適切な微調整を行いながら工房まで「試運転」だ。一般公道を「愚図る・・」キャブのご機嫌を伺いながら工房までの移動は「なかなか骨が折れる」。勿論、言われるまでも無く積載車に乗せてしまえば簡単な事だ。でも、事の次第を十二分に確
 
認するには、この「回り道」に見える手法は過去実例に照らせ合わせても「結構役立つ」ものなのだ。こんな不安材料「満載」で公道移動TEST時は、問題発生時に備え、安心の「サポートカー」が後ろを並走するのが何時もの決まりだ。
 
私達モーターライフの門を叩くフリーク達は「主食」は間違いなくHONDA。にも拘らず、後ろにあるドイツモンのリアエンジンスポーツモデルや、イギリスモン古典的レーシングスポーツモデル達の「面倒を・・」工房スペースに押し付けてくる。決まって、「口癖の様に」開口一番、いや、別に急
 
ぐわけでは無い、空いた時間に「進めてもらえれば・・OK」だ、っと言う。つまり、工房スペースの車両密度はもう増すばかりだ。それは「ともかく・・」、担当者によるCIVICの「オペ」は足踏みする事無く着実に進められている。気化器にスポットライトを当てた専任者は過去「一度もバラされた
 
事」の無いブラックな部位に歩みを進める事にした。問題箇所を「手荒に・・」作業を進行させる習慣など私達の工房内では創業当時から誰一人「持ち合わせて」いない。・・が、新車時、組み立てラインで組み込まれ、本日まで「未分解」の個体では、超能力でも持ち合わせない限り肝心の「中
 
をのぞく」行為は実現出来ない。そう、つまり「全てが、一体化」しているのだ。当時のHONDAディーラーで現場仕事を担当していたメカニックに「この症状・・」を今見せても果たして解決策をイメージ出来るだろうか。そう、初代シヴックにあの頃「日常」の様に携わっていたメカの人達でも、多
 
くの時間経過を経た今、問題箇所を見出し、適切な対応策を施せるかは「大きな疑問」である。メーカー組み立てラインで流れ作業で組み込まれた「患部」が数十年の時を経て初めて「単独」に分離された。そう、この段階でも、問題箇所を特定し、ピンポイントに「分離/分解」に踏み切った
 
のでは無い。言ってみれば、ここまでの症状を分析した事で、「過去実例」に照らし合わせ、行動実行に踏み切ったのである。そう、こう言うやり方はほとんどの場合「まあ、まあ、」当たっている。積み重ねた分厚い経験量はデジタルデーターにも大きく「勝る」のだ。原因が掴みにくい「問題
 
箇所」は「推理と勘」も大いに役立つ、最新の診断機も「こう言うチカラ」には全く太刀打ちできない、つまり人間力の勝利で少しだけ「見通し」がついたのだろうか・・。「あの頃の・・」HONDA好き達が集まり、リフレッシュプランを語り合っている時、「あの時代のhonda車」達の全ての部品が現
 
代の技術で再生され全てメーカーに在庫されていれば苦労はないのだが。・・と呟く。別の者は、それだったら「現代車」をメンテナンスして所有しているのと変わらないネ。・・っと、話す・・・。そう、そう言う事だ。「あの頃のHONDA」達が現代で生活してゆく為の「必要部品」全てをメーカーやホ
 
ココから見えるシヴィックは「美しい」。
ンダ専門業者などでタイムマシンの様に「再製作/総在庫」していたのでは「無い物ねだり」の面白いテクニカルゲームは始まらないのだ。「不便さ・・」や「不自由さ・・」を味わい、楽しむ。そう言う事では無い。『工夫をして行く』、『臨機応変』なテクニック。そう表現したほうが、少しだけ「近い」
 
かも知れない。あの頃のHONDAに少なからず興味を持ち始めている貴殿には、ほんの少し「勇気と希望」が抱けただろうか・・。『難攻不落』の問題箇所を前に、腕利きとされる街ちの「専門店」がお手上げのHONDA達をどんな手段で「対策」してゆくのか?。同胞達が抱く興味と疑問、そし
 
て奥深い悩みは尽きない筈だ!。新/旧問わず、HONDAへの「深い思い」を抱き続ける好事家達の症状は「一つ」では無い。様々な「角度」と「深度」で自問自答を楽しんでいる。中でも、私達モーターライフが繰り広げる「問題打開策」に関心が集まる。つまり、特別な「秘訣」があるのかや・・・
以降、次回・・⇒ 
 アレ、コレ、「相談/打ち合わせ」ダイヤルは
水/金/日曜日 午後1時~4時頃めどで 
Tel06-6446-1025(又は⇒)Tel090-3719-8958
(祝/祭日は除きます)
目次へ